経済

車の未来へアイデア続々登場 災害救助、車内の娯楽も

 ホンダが開発した作業車(同社提供・共同)

 【ラスベガス共同】米ラスベガスで8日(日本時間9日)に開幕する世界最大の家電見本市「CES」では、自動車の未来を模索する大手メーカーからも新たなアイデアや技術が続々登場する。災害救助に活用できる巨大ロボットのような作業車や、自動運転中の車内の移動時間を快適に過ごせる娯楽システムなど、各社が知恵を競う。

 4本の足が生えたような形をした車が、まるで動物のように岩肌の斜面を上り、雪道を進んでいく―。韓国の現代自動車が7日開いた記者会見で、SF映画を思わせる映像が流れると、会場にざわめきが広がった。


(共同通信)