スポーツ

原監督、移籍の内海と長野に言及 「心境的には残念。仕方がない」

 巨人の原辰徳監督が8日、客員教授を務める千葉県勝浦市の国際武道大で講義を行い、フリーエージェント(FA)で獲得した選手の人的補償でベテランの内海哲也投手と長野久義外野手が移籍することについて「心境的には残念。ルール上、仕方がない」と苦しい胸の内を語った。

 講義後に取材に応じ「2人とも長きにわたってともに戦ってきた同士、戦士という中で、一抹の寂しさはある」とした上で「平均年齢は下がった。若い選手たちにチャンスが生まれた。そこは大いにチームとしては活気が出る。若手、レギュラーを狙う選手たちは揚々としてほしい」と話した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス