社会

静岡の東名で10キロ逆走 大型トラック機転で停車

 9日午後4時35分ごろ、浜松市北区三ケ日町の東名高速道路上り線で、同区の80代男性が運転する軽トラックが下り方面に約10キロ逆走した。静岡県警高速隊によると、向かってくる逆走車に気付いた大型トラックの男性運転手が自分のトラックを止めると、逆走車も停止。事故やけが人はなかった。

 停止するまでに数百台がよけたとみられ、高速隊の幹部は「大型トラックの運転手がよく機転を利かしてくれた。事故が起きなくて良かった」と話している。高速隊が逆走車の男性から事情を聴くなどして経緯を調べている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス