経済

日産ノートが登録車首位 18年の車名別新車販売

 産自動車の「ノート e―POWER」

 2018年の車名別国内新車販売台数は、日産自動車の小型車「ノート」が13万6324台と軽自動車を除く自動車(登録車)での年間トップを初めて獲得した。前年比で1・9%減ったが、ライバル車も新型車効果が薄れ落ち込んだ。軽を含む全体では5位だった。

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が10日、発表した。軽と登録車を合わせた全体の首位は2年連続でホンダの軽「N―BOX」。10・7%増の24万1870台だった。

 日産は検査不正と前会長カルロス・ゴーン容疑者の逮捕でイメージが失墜しているが、軽「デイズ」も2・9%増の14万1495台と3位に入った。


(共同通信)