くらし

六甲山系に「1・17」 神戸市、震災継承へ点灯

 六甲山系堂徳山に点灯している「KOBE」の字に加えられた「1・17」の文字=10日夜、神戸市

 阪神大震災から17日で24年となるのを前に神戸市は10日、市内の六甲山系堂徳山で夜間に点灯している「KOBE」の文字の下に、初めて「1・17」を加えた。震災の記憶を継承するための取り組み。17日夜まで。

 発光ダイオード(LED)電球42個を使用。標高270メートル付近に縦12・7メートル、横20メートルの大きさで設置した。

 取り組みは来年1月にも実施する予定。市の担当者は「震災の風化が懸念されており、当時を振り返るきっかけにしてほしい」と話している。


(共同通信)