スポーツ

ASの井村HC、選手らに講話 五輪へ「日々を大切に」

 アーティスティックスイミング(AS)女子日本代表の井村雅代ヘッドコーチは10日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで強化指定を受けている選手、コーチらに向けて講話し「本気で五輪に出るんだと思い、日々の1分、1秒を大切に過ごしてほしい」と心構えを説いた。

 7月には韓国で、2020年東京五輪への試金石となる世界選手権が開催される。チーム、デュエットでのメダル獲得を目標に掲げ「20年への弾みにしたいが、選手は東京五輪ではメダルを取らねばならないと危機感も持つべき」とハッパを掛けた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス