社会

「息子を忘れないで」と母 軽井沢バス事故3年で手記

 スキーバスが転落した現場=2016年1月15日

 大学生ら15人が死亡した2016年1月の長野県軽井沢町のスキーバス転落事故から15日で3年となるのを前に、亡くなった千葉県市川市の西原季輝さん=当時(21)、法政大3年=の母親が10日、「西原季輝という人間が生きていたことを、夢に向かって頑張っていた人がいたことを、どうか忘れないでください」などと訴えた手記を代理人を通して公表した。

 教師になる夢を持っていた季輝さん。駅伝で懸命に走る大学生に息子の姿を重ねてしまうという母親は「3年がたち、このまま季輝は誰からも忘れられてしまうのではないかと思うと、寂しく苦しい」とつづった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス