経済

取締役会での決議事項拡大 日産、連合の重要性確認

 日産自動車は10日、臨時の取締役会を開き、フランス自動車大手ルノーと三菱自動車との3社連合の重要性について確認し、一層のガバナンス(企業統治)強化のため、取締役会での決議を必要とする項目を広げることを決めたと発表した。

 また役員報酬の暫定的な決定方法について決議。前会長カルロス・ゴーン容疑者による重大な不正行為に関する社内調査の追加報告もあった。ただ日産は詳しい内容を明らかにしていない。

 一方、ゴーン容疑者が今も会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるルノーも10日夕(日本時間11日未明)取締役らによる会合を開く。関係筋が明らかにした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内