国際

ベネズエラ大統領2期目就任 反米マドゥロ氏、正統性疑義も

 10日、ベネズエラ・カラカスで演説するマドゥロ大統領(ロイター=共同)

 【カラカス共同】経済や社会の混乱が続く南米ベネズエラで10日、昨年5月の大統領選で再選を果たした反米左翼マドゥロ大統領の就任式が行われた。任期は6年。大統領選を巡っては野党や国際社会から「不公正だった」との非難が上がり、政権の正統性を認めないとする国も多い。

 マドゥロ氏は就任演説で「祖国をより良い将来に向け民主的に導くため、大統領職を引き受ける」と述べた。

 マドゥロ政権は野党の有力候補者らの出馬を阻止した上で、昨年5月20日に大統領選を約半年前倒しして実施。主要野党は不公正だとして選挙をボイコットし、マドゥロ氏が圧勝した。


(共同通信)