社会

ケリー被告が退院 手術終了、都内の住居へ

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)とともに金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪で起訴され、保釈中の前代表取締役グレゴリー・ケリー被告(62)が11日までに、脊椎の持病の手術を終えて茨城県内の病院を退院していたことが分かった。弁護人が同日、明らかにした。東京地裁が認めた都内の住居に移ったという。


(共同通信)