スポーツ

JOC竹田会長、聴取は認める 贈収賄疑惑は改めて否定

 日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は11日、東京都内で取材に応じ、2020年東京五輪招致を巡る贈収賄疑惑でフランス司法当局が捜査開始を決定したと報じられたことを受け、昨年12月に「担当判事のヒアリングには協力した」と明らかにした。

 竹田会長は贈収賄疑惑について「そんなことは全くあり得ない」と改めて全面否定。その上で「起訴されていないし、拘束もされてない。今までの調査チームの報告から全く新しいことはない。向こうからの提示もない」と説明し「(フランスの報道で)事実ではないことが出ていたら非常に残念だ」と語った。


(共同通信)