政治

石破氏、首相は9条改憲案説明を 札幌市で討論会

 討論会で発言する自民党の石破茂元幹事長=12日午後、札幌市

 自民党の石破茂元幹事長は12日、札幌市で憲法改正を巡る討論会に出席し、戦力不保持を規定する9条2項を維持したまま自衛隊を明記する自民党改憲案に関し、安倍晋三首相が十分に説明すべきだとの考えを示した。同じ討論会で立憲民主党の山尾志桜里氏は、9条改憲で自衛隊の権限や任務は変わらないとする首相の主張は「正直でない」と批判した。

 石破氏は自衛隊明記案には「かなり違和感がある」とした上で「憲法は誰が読んでも分かるものであるべきで、解釈の振れ幅が大きいのはよくない」と指摘した。

 共産党の仁比聡平氏は「自民党が目指すのは、日本を海外で戦争する国に変えることだ」とした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス