くらし

世界遺産・白川郷でライトアップ 夕闇に浮かぶ合掌造り

 ライトアップが始まり、幻想的に浮かび上がった白川郷の合掌造り集落=14日夕、岐阜県白川村

 世界文化遺産に登録されている岐阜県白川村の白川郷で14日、合掌造り集落のライトアップが始まった。夕闇の中、雪化粧したかやぶき屋根がオレンジ色の照明に浮かび上がり、集落を見下ろす高台ではスマートフォンを取り出して撮影する観光客の姿が見られた。

 今年で33回目となる冬の風物詩。例年、1日に7千~8千人が詰め掛け、交通渋滞などの問題が発生したため、今年から高台の入場を1日千人までの予約制にし、千円の入場料も設定した。8月の予約開始から2日で3万人を超える応募があり、抽選を行ったという。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス