社会

雅子さま、「歌会始の儀」は欠席 風邪の症状続く

 宮内庁は15日、皇太子妃雅子さまが副鼻腔炎やせきなどの風邪の症状があるため、16日に皇居・宮殿で開かれる新春恒例の「歌会始の儀」への出席を取りやめられると発表した。療養中の雅子さまは2004年から欠席が続いている。

 雅子さまは8日から37度台前半の微熱などの症状があり、11日の「講書始の儀」も欠席した。現在は熱は下がっている。

 歌会始の儀は、新春恒例の宮中行事で、天皇、皇后両陛下や皇族をはじめ一般入選者らの歌が披露される。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス