社会

「さわれる動物園」が閉園、滋賀 無許可飼育で園長が罰金刑

 滋賀県守山市の商業施設に入る民間動物園「めっちゃさわれる動物園」が15日、閉園した。特定動物を無許可で飼育したとして男性園長(55)が昨年末、動物愛護法違反罪で罰金刑を受けた。室内で動物と触れ合えると人気で惜しむ声が上がる一方、動物愛護団体は「飼育能力を超える頭数で問題があった」とする。

 最終営業日の15日、平日にもかかわらず客が次々と訪れた。守山市のトラック運転手木村剛庸さん(43)は家族と3回目の来園で「2歳の長男に生き物について学んでもらう貴重な場所だったのに」とさみしげな表情を浮かべた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内