スポーツ

卓球、森薗・伊藤組が準々決勝へ 全日本選手権第2日

 混合ダブルスの3回戦を突破した森薗(左)、伊藤組=丸善インテックアリーナ大阪

 卓球の全日本選手権第2日は15日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、混合ダブルスで前回優勝の森薗政崇、伊藤美誠組と、張本智和、長崎美柚組がともに3、4回戦を突破し、準々決勝に進出した。

 2017年の世界選手権個人戦を制した吉村真晴、石川佳純組は、3回戦で敗れた。

 女子シングルスでは今大会最年少の10歳で参加の張本美和が1回戦で勝った。

 ジュニアの部のシングルスは、女子で2連覇を狙う長崎が初戦の3回戦で快勝し、張本美も勝った。男子は小学5年で11歳の松島輝空が2、3回戦を勝って4回戦に進んだ。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス