政治

日ロ首脳会談へ論点や進め方議論 条約交渉、次官級協議

 【モスクワ共同】日本、ロシア両政府は15日午前(日本時間同日午後)、北方領土問題を含む平和条約締結交渉を巡り外務次官級協議をモスクワのロシア外務省で行い、安倍晋三首相とプーチン大統領の22日の首脳会談に向け論点や進め方を議論した。北方領土での共同経済活動の早期実現を引き続き目指す方針も確認した。

 森健良外務審議官とモルグロフ外務次官が出席。森氏は協議後、記者団に「14日の外相会談で議論が白熱した論点について補足説明をしたり、互いに考え方の背景について疑問をぶつけたりした。互いに相当程度、理解が深まった」と説明した。具体的な論点や詳細は明かさなかった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス