スポーツ

JOC竹田会長、再会見に否定的 東京五輪の招致疑惑

 2020年東京五輪招致を巡る贈賄疑惑について記者会見を開いたJOCの竹田恒和会長。書面を読み上げ、質疑には応じなかった=15日、東京都渋谷区

 2020年東京五輪招致疑惑についての記者会見で質疑に応じず批判を受けている日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は16日、再会見には否定的な姿勢を示した。会見での質疑には「今のところ(応じない方針は)変わっていない」と述べた。16日は日本スポーツ協会の理事会に出席したが、発言はなかった。

 贈賄の容疑者としてフランス司法当局から正式捜査を開始された竹田会長は15日の会見で一方的に潔白を主張したが、捜査中を理由に質問は受け付けず、7分余りで退席した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス