社会

北海道、日本海側で暴風雪の恐れ 気象庁、厳重警戒呼び掛け

 北海道の日本海側で17日明け方から夜遅くにかけて猛吹雪になる恐れがあり、気象庁は16日、厳重な警戒を呼び掛けた。吹雪で運転が困難になるほど全く見通しが利かなくなる恐れがあり、吹きだまりによる交通障害、暴風にも注意が必要だ。

 日本海側で予想される24時間の降雪量は17日午後6時までが50センチ、その後の24時間が20~40センチ。日本海側と太平洋側西部で17日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は陸上で20メートル(35メートル)、海上で20メートル(30メートル)。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス