政治

皇位継承儀式の万全準備を指示 菅官房長官、府省庁に

 皇位継承に伴う一連の儀式に関する各府省庁間の調整を担う式典実施連絡本部の会合であいさつする菅官房長官=18日午前、首相官邸

 政府は18日、皇位継承に伴う一連の儀式に関する各府省庁間の調整を担う式典実施連絡本部(本部長・菅義偉官房長官)の第2回会合を首相官邸で開いた。主要儀式の次第概要が17日に決定したのを受け、菅氏は「緊密に連携しながら適切に検討を進め、国民が祝福する中で式典がつつがなく行われるよう準備に万全を期してほしい」と指示した。

 安倍晋三首相がトップを務める17日の式典委員会では、4月30日に天皇陛下が退位前に最後の言葉を述べられる「退位礼正殿の儀」や、5月1日に新天皇が三種の神器の一部などを引き継ぐ「剣璽等承継の儀」などの次第概要を決めた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス