国際

早期の総選挙実施求め集会、タイ 軍政の延期検討に圧力

 タイのタマサート大で開かれた集会で「総選挙を延期するな」などとメッセージを書く市民ら=19日、バンコク(共同)

 【バンコク共同】タイの首都バンコクのタマサート大で19日、軍事政権に反対する市民らが、民政移管のための総選挙を早期に実施するよう求める集会を開いた。選挙の延期を検討する軍政側に抵抗し圧力をかける狙いがある。タイでは最近、選挙が遅れることに反発する人々によるデモ行進などが相次いでいる。

 総選挙の投票日は2月24日が想定されていた。しかし国王の戴冠式が5月4~6日に決まり、これが総選挙後の国会招集時期に当たるとして選挙が延期される公算が大きくなっている。投票日は3月10日や同24日が取り沙汰されている。

 集会には約150人が参加した。


(共同通信)