国際

厳寒下で信者240万人が沐浴 ロシア正教、プーチン大統領も

 凍結した湖の氷をくりぬいた水の中で沐浴するロシア正教の信者ら=18日深夜、ロシア西部ニジニーノブゴロド(タス=共同)

 【モスクワ共同】ロシア正教で「主の洗礼祭」に当たる19日、凍結した海や川、湖などの氷をくりぬいて信者が斎戒沐浴する伝統行事がロシア全土で行われた。内務省によると、18日夜から19日にかけて大半が氷点下となった各地で240万人以上が参加した。

 大統領府によると、ここ数年間、沐浴を続けているプーチン大統領もモスクワ州で冷水に漬かった。

 ロシア正教では、キリストが洗礼を受けたとされるこの日、聖職者が清めた水が聖水に変わり、飲んだり浴びたりすることで無病息災につながると信じられている。


(共同通信)