国際

移民集団3千人超、メキシコ入り 政府黙認にトランプ氏反発

 拘束された移民集団の一部=14日、米アリゾナ州(米税関・国境警備局提供、AP=共同)

 【ロサンゼルス共同】中米諸国から米国を目指してメキシコ南部に入った新たな移民集団(キャラバン)が19日までに計約3千人を超えた。メキシコ政府関係者が明らかにした。移民の権利容認を訴える同国のロペスオブラドール政権は違法な入境を事実上黙認しており、人数はさらに増える可能性もある。

 トランプ米大統領は同日、ツイッターで「メキシコは移民集団の阻止に何もしていない」と非難、改めて国境の壁建設の必要性を強調した。

 一方、米税関・国境警備局は19日までに、南部国境地帯で不法入国した数百人の複数のグループを拘束したと明らかにした。数百人単位が拘束されるケースは異例。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス