くらし

鳥取・境港でカニ感謝祭パレード 観光客に600匹振る舞い

 「カニ感謝祭」でベニズワイガニを積み込んだリヤカーとともにパレードする参加者=20日、鳥取県境港市

 カニの水揚げ量日本一の鳥取県境港市で20日、豊漁を祈願する恒例の「カニ感謝祭」が開かれた。ベニズワイガニをいっぱいに積み込んだリヤカーとともに、観光客らがパレード。参加者らにカニ計約600匹と熱々のカニ汁が振る舞われた。

 小雨が降る中、観光客らが同市出身の漫画家、故水木しげるさんにちなんだ「水木しげるロード」を約600m練り歩いた。その後、「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する妖怪の着ぐるみが、松葉ガニを妖怪神社に奉納し豊漁を祈願した。

 境港カニ水揚げ日本一PR実行委員会の越河彰統会長(56)は「カニが日本で一番安くておいしいのは境港。食べに来て」とアピールした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス