経済

政府、巨大IT企業の規制強化 「通信の秘密」海外適用へ

 総務省の有識者会議は21日、巨大IT企業の規制強化に向けた主要論点案をまとめた。電気通信事業法が定める「通信の秘密」に基づく規制を海外企業にも適用することが柱で、国内企業との競争条件を等しくし、利用者保護を徹底する狙い。経産省や公取委も巨大IT企業への独禁法の適用などを検討しており、規制強化に向けた日本政府の取り組みが加速している。

 頭文字から「GAFA」と呼ばれるグーグルやアップル、フェイスブック、アマゾン・コムといった米IT大手は、利用者の通信履歴データを大量収集し、広告などに活用することで利益を上げるが、日本での事業が制約される可能性がある。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス