国際

日ロ首脳会談で突破口も 前提条件整うとロ有力紙

 【モスクワ共同】20日のロシア有力紙コメルサント電子版は日ロ首脳会談に関して、安倍晋三首相が北方領土問題の解決に向け「2島返還による決着」を柱とする包括的提案をプーチン大統領に示し、解決の前提条件は整いつつあると論評。交渉前進への突破口が開かれる可能性があるとの楽観的な見方を示した。

 ロシアメディアで日本の領土要求に激しい批判が起きる中、日ロ合意を呼び掛ける異例の内容。交渉前進を目指す勢力の主張が反映され、ロシア世論に妥協を促す狙いとみられる。プーチン政権に近い財閥が経営権を握るコメルサント紙が、首脳会談直前に異例の記事を発表した政治的背景も注目される。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス