国際

韓国、協議打ち切りに遺憾表明 「新証拠」に反発

 【ソウル共同】韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題で、韓国国防省は21日、防衛省が最終見解を発表して実務者協議の打ち切りを図る考えを表明したことに「深い遺憾の意を表明する」との声明を発表した。検証作業を継続するよう要求している。

 哨戒機が探知したレーダーの電波を音に変換した記録を日本が新たな証拠として公開したことについて声明は、韓国が要求してきた「探知日時や方位、電波の特性などが全く確認できず、実体が分からない機械音だ」と批判し、反発した。

 韓国はこれまで火器管制レーダーを照射した事実はないと全面的に否定している。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス