国際

シリアでイラン拠点空爆 イスラエル軍、11人死亡

 シリア・ダマスカスの国際空港付近で、空に向かって飛んでいくミサイル=21日(国営シリア・アラブ通信提供、AP=共同)

 【エルサレム共同】イスラエル軍は21日、シリアの首都ダマスカスの近郊にあるイランの軍事拠点などを空爆したと発表した。イスラエルの占領地ゴラン高原に向け、20日にシリア側からミサイルが発射されたことへの報復攻撃としている。シリア人権監視団(英国)によると、シリア人2人を含む11人が死亡した。

 米軍のシリア撤収を受け、イスラエルは敵対するイランが内戦下のシリアで影響力を拡大することを警戒。単独でもシリアにおけるイラン関連施設への攻撃を緩めない姿勢を示しており、シリアを舞台にイスラエルとイランの緊張が激化することが懸念される。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス