経済

パソナ、定年退職者を新採用 4月から80人

 記者会見するパソナグループの南部靖之代表=22日、東京都内

 パソナグループは22日、企業などを定年退職した人を対象にした新たな採用枠を4月1日から設けると発表した。年間80人程度を契約社員として雇用する。働きたい高齢者の増加に合わせて、経験豊富な人材を活用する。就業支援や研修の仕組みを確立し、他社への事業展開を目指す。

 1月23日から募集を始め、3月下旬に「65歳からの入社式」を開催する。営業や財務といったキャリアを生かした専門職を募集するほか、パソナが兵庫県・淡路島などで手掛ける地方創生事業の企画立案や、社内ベンチャー事業に従事してもらう。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス