社会

22基幹統計で不適切処理 総務省が点検結果公表

 各府省庁が56の基幹統計を点検した結果について記者会見する総務省の担当者=24日夜、総務省

 厚生労働省による毎月勤労統計の不正調査を受けて各府省庁が56の基幹統計を点検した結果、半数近い22統計で計31件の不適切処理事案が見つかったことが分かった。総務省が24日、公表した。うち大半の21統計で、計画通りに集計・公表しないなど統計法違反の可能性がある事案を確認。政策立案の基礎となる重要な統計で、ずさんな対応が横行していたことが明らかになり、行政への信頼がさらに揺らぐ事態に発展した。

 不適切処理は国土交通省など7省に及んだ。総務省は「国民生活に大きな影響はなく、予算案の修正は必要ない」と説明している。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス