国際

米大統領元腹心に召喚状 上院が証言要求

 【ワシントン共同】米上院情報特別委員会は24日、トランプ大統領の腹心だった元顧問弁護士コーエン被告に証言を求める召喚状を出した。被告の弁護士が明らかにした。被告が2月中旬に非公開証言するとの報道もあるが、弁護士は被告が証言に応じるかどうかは明らかにしていない。

 被告は23日、トランプ氏とジュリアーニ弁護士が家族を脅迫しているとして、下院監視・政府改革委員会で2月7日に予定していた公開証言の延期を要請した。同委員会のカミングス委員長は証言実現に向けて被告側と協議を続ける考えで、召喚状を出すことも視野に入れている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス