国際

安保理、ベネズエラ情勢を協議へ 米要請、ポンペオ氏出席か

 24日、ベネズエラの首都カラカスで制憲議会議長と話すマドゥロ大統領(右)(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は24日、マドゥロ大統領への退陣圧力が強まっているベネズエラ情勢を話し合う公開会合を26日に開く方向で調整に入った。米国の国連代表部が開催を要請したことを明らかにした。安保理筋によると、ポンペオ米国務長官が出席を検討している。

 マドゥロ氏は24日、米国各地のベネズエラ大使館や総領事館を閉鎖すると表明し、ベネズエラ国内の米外交官を27日までに国外退去させると強調した。スペイン通信が伝えた。

 トランプ米政権がベネズエラへの関与を強め、23日に野党のグアイド国会議長を暫定大統領と認めたことへの対抗措置。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス