芸能・文化

NHK常時配信費、年間50億円 就任3年目の上田会長

 インタビューに答えるNHKの上田良一会長

 就任3年目に入ったNHKの上田良一会長が25日、共同通信などのインタビューに応じ、2019年度中の開始を目指すテレビ番組のインターネット常時同時配信の運営費を「権利処理費を含まず、年間50億円前後と試算している」と明らかにした。

 NHKは常時配信を「放送の補完」と位置付け、開始した場合も当面は視聴者に追加の費用負担を求めない。上田会長は、常時配信が視聴習慣として根付くには「時間が必要」とし、同サービスを盛り込んだ新たな受信料制度の創設は「視聴者、国民の理解を得た上で、どう具体的にしていくかだと思う」と述べた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内