国際

バーレーン難民、送還を懸念 タイで拘束、豪州サッカー選手

 タイ・バンコクの裁判所に連行されるハキム・アライビ氏(左)=2018年12月11日(AP=共同)

 【バンコク共同】タイで昨年11月から、オーストラリアのサッカー選手で中東バーレーンの難民男性が拘束されている。同国に強制送還される恐れがあり、国際サッカー連盟(FIFA)も25日までに、タイのプラユット首相に対しオーストラリアに帰国させるよう求めた。

 AP通信などによると、拘束されているのはハキム・アライビ氏。バーレーンで迫害を受けたとして、2014年にオーストラリアに逃れ、17年に難民認定された。旅行でタイに入国しようとした際、国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際手配されていたため、拘束された。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス