社会

実習生21人を「不当解雇」 愛知の青果卸会社

 愛知県春日井市の青果卸売会社と契約して北海道東川町の農家などで働いていたベトナム人技能実習生21人が解雇されたことが25日、分かった。同日付。実習生を支援する小野寺信勝弁護士は「災害や倒産など正当な理由はなく、不当解雇の疑いがある」としている。

 小野寺弁護士や支援労組によると、21人は全員20代女性。卸売会社の契約農家などで働いていて、昨年12月に会社から「農家との契約規模が縮小したため、人員を削減し実習生受け入れ事業から撤退する」と書面で解雇を予告された。会社は実習生に説明会を開くと伝えている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス