国際

米軍艦、台湾海峡通過に「懸念」 中国、米側へ伝達

 【北京共同】中国外務省の華春瑩副報道局長は25日の記者会見で、米軍の軍艦2隻が24日に台湾海峡を通過したことについて「全行程を把握しており、懸念があると米国に伝えた」と明らかにした。同時に「中米関係と台湾海峡の安定を損なわないため、台湾に関する問題は慎重に、適切に処理するよう米国に促す」と強調した。

 華氏は「台湾問題は中米関係で最も重要で敏感な問題」と指摘。中台は不可分とする「一つの中国」原則を米国が厳守するよう求めた。

 台湾の国防部(国防省)は24日、中国軍のH6爆撃機など数機が同日、中国南部から台湾のバシー海峡を通過して西太平洋へ抜けたと発表した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス