社会

国外の財産、総額3兆6千億円 17年分公表、国税庁

 国税庁は25日、2017年分の「国外財産調書」について、提出した人は9551人(前年比4・9%増)で、総額が3兆6662億円(同11・0%増)だったと発表した。調書は外国に5千万円を超す資産がある人に義務付けられている。

 種類別で主なものは、有価証券が1兆9252億円、預貯金が6204億円、建物が4038億円。国税局別は、東京国税局が6154人(2兆7485億円)、大阪局が1331人(4274億円)、名古屋局が699人(1906億円)。

 国外財産に絡む申告漏れに適用する特例措置で、調書を提出していないため加算税が重くなった人は194人だった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス