国際

トランプ大統領側近を起訴 米特別検察官のロ疑惑捜査

 ロジャー・ストーン氏=2018年12月、米ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】2016年米大統領選にロシアが介入した疑惑を捜査しているモラー米特別検察官は25日、トランプ大統領の顧問や選対幹部を務めた側近ロビイストのロジャー・ストーン容疑者を連邦大陪審が24日に起訴したと発表した。議会に対する偽証などの罪。連邦捜査局(FBI)は25日早朝、南部フロリダ州の自宅で逮捕した。同日中に出廷する予定という。

 大統領選の最中に内部告発サイト「ウィキリークス」が民主党のクリントン陣営の電子メールを暴露した問題について、ストーン被告は事前に計画を知っていた疑いがあるとみられている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス