国際

米東部の空港、2千便超に遅れ 政府閉鎖で管制官不足

 【ニューヨーク共同】米ニューヨークなど東部地域の各州の空港で25日、2400便以上の民間航空機に遅れが出た。連邦政府機関の一部閉鎖により給与未払いの航空管制官や保安検査員が次々と欠勤し、人手不足に陥ったのが原因とみられる。米メディアが伝えた。

 AP通信によると、ニューヨークや首都ワシントン周辺地域を担当するバージニア州の管制センターでは、25日に出勤予定だった管制官13人のうち6人が欠勤した。連邦航空局(FAA)は声明で「病欠がわずかに増加」したと説明した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス