国際

米、メキシコに移民送還へ 複数の国境検問所から1日20人

 25日、米国と国境を接するメキシコ北西部ティフアナで、米国への難民申請手続きを待つ移民(AP=共同)

 【ティフアナ(メキシコ北西部)共同】米国土安全保障省は25日、米国で難民申請中の移民の一部について、メキシコへの送還を始める。メキシコ外務省の報道官が同日、受け入れを発表した。両国の国境沿いにある複数の国境検問所で1日最大約20人を受け入れる。

 不法移民を厳しく取り締まる政策を掲げるトランプ米政権は24日、これまで米国内にとどまることを認めていた難民申請中の移民をメキシコで待機させる新たな制度を発表。メキシコ側は「一時的な措置」と強調しているが、定着すれば比較的寛容だった米国の移民制度の大きな転換につながる可能性がある。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス