社会

日本海側、引き続き大雪に警戒を 太平洋側平野部も積雪か

 雪が積もった道を歩く人たち=26日午後、仙台市青葉区

 東日本から西日本の日本海側を中心に27日も大雪になる恐れがあるとして、気象庁は26日、路面凍結による交通障害などに警戒を呼び掛けた。太平洋側の山地でも大雪となり、平野部で雪が積もる恐れもある。

 気象庁によると、日本付近は冬型の気圧配置が強まり、東日本の上空約5千メートルには氷点下39度以下、西日本上空には氷点下36度以下という、平年よりも6~14度低い強い寒気が流れ込んでいる。大気の状態が不安定で、東日本の日本海側では落雷や竜巻などにも注意が必要という。

 上空の強い寒気は27日朝には日本の東に抜けるため、冬型の気圧配置は27日午後から次第に緩む見込み。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス