国際

EU、男性も10日間の産休可 育休2カ月を有給に

 フランス・ストラスブールの欧州議会前ではためく欧州連合加盟各国の国旗=2017年6月30日(ロイター=共同)

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)閣僚理事会と欧州議会は26日までに、産休や育休などの新規則案で暫定合意した。加盟各国で、出産前後に男性も最低10日間の産休を取れるようにするほか、両親それぞれに現在、少なくとも4カ月間保証されている育休のうち、2カ月を有給とするなどの内容。新規則案は今後、閣僚理と欧州議会の同意を得た上で正式に成立する。

 新規則案を策定した欧州委員会は暫定合意を受け「欧州の家庭に朗報。21世紀にふさわしいワークライフバランスの新規則は、働く女性と男性の可能性を開く」との声明を発表した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス