国際

米国の移民新制度「一方的」 メキシコ不快感、調整難航か

 メキシコ・ティフアナの国境検問所付近を歩く人たち=25日(共同)

 【ティフアナ共同】トランプ米政権が打ち出した難民申請中の不法移民をメキシコで待機させる新たな制度に基づき、25日に実施するとされていたメキシコへの移送は同日確認されなかった。メキシコ外務省の報道官は「人道的な措置」として受け入れを容認する考えを示す一方、突然発表された制度は「一方的」と不快感を示しており、調整が難航した可能性がある。

 移送の移民らが到着する予定だったメキシコ国境の町ティフアナの国境検問所では、地元当局の幹部が「米国の新制度は寝耳に水だ」と不満をぶちまけ、現場レベルとの意思疎通も不十分だったことをうかがわせた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス