政治

北九州市長に北橋健治氏4選 2新人破る

 北九州市長選で4選を決めた北橋健治氏=27日夜、北九州市

 任期満了に伴う北九州市長選は27日投開票され、無所属現職の北橋健治氏(65)が、ともに無所属新人で、共産党福岡県常任委員永田浩一氏(53)=共産推薦、水産加工会社社長の秋武政道氏(58)を破り、4選を果たした。

 北橋氏は自民、公明両党や国民民主党系の市議会与党3会派から支援を取り付け、事実上の相乗りの形で優位に選挙戦を展開した。洋上風力発電産業の拠点化への取り組みや、暴力団追放活動による犯罪認知件数の減少などを実績としてアピールし「若者が定着する町をつくる」と訴えた。


(共同通信)