政治

甲府市長に樋口氏再選 与野党相乗りで低調

 任期満了に伴う甲府市長選は27日投開票され、無所属の現職樋口雄一氏(59)=自民、立民、国民、公明推薦、社民支持=が、共産党新人の同党伊勢住吉支部長野尻正樹氏(70)を破り、再選を果たした。同日投開票の山梨県知事選は激しい与野党対決となったが、甲府市長選は与野党相乗りとなり低調だった。

 樋口氏は幅広い政党の支援を得て手堅く票をまとめた。当選を確実にした後、今年4月に予定される中核市への円滑移行を目指すとして「市民サービスが行き渡るようにしたい」と強調。人口減少対策や子育て支援充実にも意欲を示した。選挙戦ではリニア中央新幹線の新駅周辺の道路整備も公約した。


(共同通信)