政治

北九州市長選でトラブル 投票が入場者数上回る

 27日投開票の北九州市長選は、小倉北区の開票所で投票所への入場者数と、投票総数が合わないトラブルが起きた。確認作業が続いたため、開票の終了が28日未明までずれ込んだ。

 市選挙管理委員会によると、入場者の数よりも投票総数が2票多かった。詳しく調べると、区内の中学校の投票所で投票用紙の残りが本来の数よりも2枚少なかったため、選管は投票用紙が誤って二重交付された可能性が高いとみている。


(共同通信)