政治

ゴーン被告処遇は「適正手続き」 菅官房長官

 菅義偉官房長官は28日午前の記者会見で、日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告の処遇に関し「独立性の高い捜査機関により、厳格な司法審査を経て適正な手続きの下で行われていると理解している」と述べた。

 フランスのメディアは、マクロン仏大統領が安倍晋三首相に対して拘束期間の長さなどに懸念を示したと伝えている。

 安倍首相とマクロン大統領は25日に電話会談した。菅氏は、電話会談の内容について「(日産とルノーの提携に関する)具体的な進め方は、当事者間でよく話し合ってほしいと申し上げた」とした。


(共同通信)