政治

統計不正、野党6党派が連携確認 国会で追及

 国会内で会談に臨む野党6党派の党首ら。中央は立憲民主党の枝野代表=28日午前

 立憲民主、国民民主など野党6党派の党首らは28日午前、国会内で会談し、通常国会で連携して毎月勤労統計の不正問題の全容解明へ政府を追及する方針を確認した。夏の参院選の改選1人区での候補者一本化へ調整作業を加速することも合意した。

 会談には国民、立民のほか共産、自由、社民各党と衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」が出席。「安倍政権打倒」を目指し、内外の課題について国会で徹底審議することも申し合わせた。

 立民の辻元清美国対委員長は党首会談に先立ち野党の国対委員長らと会談し、自民党の森山裕国対委員長が毎月勤労統計の不正調査問題についての26日の発言を批判した。


(共同通信)