スポーツ

スノボ・ハーフパイプ戸塚が2位 冬季Xゲーム男子

 冬季Xゲームのスノーボード男子ハーフパイプで2位に入った戸塚優斗=アスペン(ゲッティ=共同)

 スノーボードとフリースタイルスキーなどのプロ最高峰の総合大会、冬季Xゲーム最終日は27日、米コロラド州アスペンで行われ、スノーボードのハーフパイプ男子は2018年平昌冬季五輪代表の戸塚優斗(ヨネックス)が90・00点で2位に入った。同五輪7位の片山来夢(バートン)は9位。五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢(木下グループ)は右手骨折で欠場した。

 平昌五輪銅メダルのスコット・ジェームズ(オーストラリア)が94・00点で優勝した。同五輪覇者のショーン・ホワイト(米国)は出場せず、14年ソチ五輪を制したユーリ・ポドラドチコフ(スイス)は7位。(共同)


(共同通信)