経済

カキ養殖、AIで効率化 シャープ、東大が実証実験

 シャープと東大が行っているAIでカキの養殖を効率化する実証実験「スマートカキ養殖」=広島県江田島市

 シャープと東大が、人工知能(AI)でカキの養殖を効率化する実証実験を行っている。漁場のセンサーで海水温度や塩分濃度がカキの成育に適した状態にあるかどうかをチェックしたり、カキを食い荒らす魚の接近を漁業者に知らせたりして養殖をサポートする。

 実証実験「スマートカキ養殖」は広島県江田島市で実施している。カキの養殖では海中に漂うカキの幼生を、海に沈めたホタテガイの殻に人工的に付着させる「採苗」という工程が重要となることから、上空に飛ばしたドローンからの映像をAIが分析。採苗に適した場所や時期を割り出して漁業者のスマートフォンに通知する。


(共同通信)